コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

顧問委員会

顧問委員会

独立した顧問機関が弊社を支援しています。会社所有家族の代表者と業界をリードする専門家と科学者を参集しています。Vetterの顧問機関について下記を参照下さい

 ウドJ.フェッターはシアトル大学で臨床薬学を収め同大学を卒業後、シェリングプラウ社(現在のMSD社)の調剤事業部門で薬剤師として5年間勤務し、プエルトリコに製造施設を立ち上げました。その後、彼はとりわけマルテック社の製造承認と製造事業の副社長として活躍後、1987年にVetter Pharma-Turm Inc.の社長として、Vetterで様々な上級マネジメント職の地位にあった。さらに、彼は2008年から会長となりました。2003年に彼は投資会社のUV-Capを設立しました。ウドJ.フェッターはゲルスハイマー株式会社の監査役として専門家協会のISPEの会員であります。しかも、彼はアルブシュタッドシグマリンゲン大学の大学審議会の会長で、2012年から欧州家族経営協会(EFB:European Family Businesses)の会長でもあります。

ビアンカ・フェッターはロンドンとパリでマーケッティングマネジメントと外国語を修得し、1980年代初期に、営業と役員補佐として、ドイツと米国の企業に勤務しました。その後、彼女は、 Dornier、 Nortel Dasa, NDSatcomの各社で管理部門の役員として勤務しました。 2008年からは青少年向けのテクニカルスポーツ(モーターサイクル競技)の促進を専門としています。

ウテ・アマンはベルリンジユウダイガクで薬学を勉強した後、ドイツとニュージーランドで薬剤師として数年間勤務しました。彼女はフライブルグとミュンヘンの大学病院で臨床薬剤師として、またババリア協会の公的健康保険内科医院で勤務しました。2005年には、公衆衛生の修士としてミュンヘンルーヴィックマキシミリアン大学を卒業しました。2010年から他の分野同様、ベルリンの疫学と予防研究所で科学者として勤めています。ウテ・アマンは2003 年からVetter社の指導医でもあり、医療薬学と薬学経済に関して会社の顧問を務めています。

Axel Herberg博士は、2010年より投資顧問会社Blackstone Groupの共同経営者であり、大手包装材メーカーGerresheimer AG社の最高経営責任者(CEO)を10年務めた経歴があります。同博士は、McKinsey & Company社のコンサルタントとして、またKrupp Industrietechnik社では戦略企画部長として従事した後、1992年よりGerresheimer AG社にて上級管理職を歴任してきました。経済学の学位と博士号を取得し、機械工学の専攻を修了しております。Leica Camera AG社およびJack Wolfskin GmbH & Co. KGaAの監査委員会メンバーも務めています。

企業と税法の専門家のクリストフ・ヘティッヒ教授博士は、1990年にマンハイムを拠点にした法律事務所のリーターハウス社に入りました。そこでヘティッヒ博士は、企業の組織化を専門とし、3年以内にパートナーに指名されました。ヘティッヒ博士はとりわけいくつかのリストされた企業の監査役のメンバーで委員長でもあります。さらにヘティッヒ博士は、DieviniHopp Bio Techホールディングの設立者で最高経営責任者でもあります。

ヴォルフガング・ケルクホーフはミュンヘンとフランスのモンペリエでビジネス、政治、ジャーナリズムを学習しました。1984年から専門家会議主催者として、企業と科学組織に対して欧州の至る所で医療に焦点を当てたイベントを企画してきています。 1995年にケルクホーフは世界的協会であるマックス・プランク研究所(Max-Planck-Institut)により、コングレス主催者としてドイツ人で初めて認証されました。1990年から彼はマネージングパートナーとしてユーロコングレスを率いており、2012年からは、シニアパートナーとなっております。彼はまたミュンヘンコングレスアライアンスの役員でAsconet International の社長でもあります。

ゲルト・メルガードは工程自動化エンジニアとしての背景と共に、Novo Nordisk に勤め、1982年から 2007年までNovo Nordisk エンジニアリング社に勤務しました。彼は製薬工程エンジニアリングとコンサルティングを含め異なるシニアマネジメントとして奉職しました。2009年からはNNE Pharmaplan A/Sの戦略開発の副社長として奉職しており、ISPE、PDA、 ISAその他を含むいくつかの国際的な委員会と専門組織の委員やリーダーでもあります。

グンター・ストロースはフライブルグ大学で経済学士、フォンテーヌブロー大学で経営学修士を取得し卒業しました。1976年から1990年まで彼は国際的な会計事務所でドイツと米国の両国で資格を得て国際会計士として勤務しました。Hugo Boss AG でCFO として、ゴールドマンサックスで投資バンカーとして、さらに2006年まで国際コンサルティング会社のOliver Wyman & Companyと共にドイツ向けの経営責任者でした。 1996年からはいくつかの会社の非常勤役員として勤務しています。

ロルフG.ヴェルマー博士は、テュービンゲンのエバーハード カールズ大学の工業バイオテクノロジーの教授で名誉理事でもあります。彼は業界をリードするベーリンガーインゲルハイム社で35年以上の経験のある非経口投与による治療たんぱく質の研究、開発、製造の分野において世界をリードする専門家の1人です。ロルフG.ヴェルマー博士の科学的な貢献は150以上の出版物、20の特許、15の科学的映画から成ります。彼はオーストリアのウイーン市、およびHangzhou Qian Jiangの優れた専門家としても中国のHangzhou 地方政府からも極めて優れた科学的業績に対して表彰されています。