コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

クオリティ・バイ・デザインQuality by Design:

クオリティ・バイ・デザインQuality by Design:

-医薬品の製剤化/製造プロセスに品質設計を導入

現在の医薬品開発および製造では、新薬候補化合物や原料化合物の高度化が目覚ましく、それらの変化に対応する必要があります。例えば、生物学的プロセスから得られる医薬品原料(API)は容易に凝集・分解する性質があり、様々な製造段階において、その活性低下に注意しなければなりません。このような生物由来のAPI を用いた開発や製造には多額の資金を要するため、製薬関連企業にとって品質に関する問題は避けて通ることができない非常に大きなテーマです。

製剤品質に関するコンセプトの再考Rethinking the concept of quality:

クオリティ・バイ・デザイン(QbD)とは、現在の製薬業界において重要な意味を持つ概念です。医薬品開発および製造にQbDを導入することによって、包括的かつ積極的なアプローチとともに科学的見地に基づくリスクベースのアプローチも可能にします。医薬品の品質を左右する重要な製造プロセスに対して、品質設計を導入することを提案いたします。QbDを生かした製造プロセスは「デザインスペース」として、医薬品の品質確保に向けて実測できる効果をもたらします。

QbDに大きな関心が寄せられている背景にはどのような理由があるのでしょうか。それは、製薬企業側のメリットだけにとどまらず、患者側、規制当局側など各方面に様々なメリットをもたらすアプローチとなるからです:

  • 製薬企業側のメリット-安定性と耐用性を備えた製造プロセスによる高品質の製品が生産可能。QbDの導入により、不適合製品バッチの減少、欠品リスクの減少、さらに品質確保に必要な多額の資金投入を回避できることで投資収益率(ROI)が向上。
  • 患者側のメリット-安定性と信頼性を確保した医薬品供給により、リコール製品の発生リスクが減少。ジェネリック医薬品を使用する場合、先発医薬品との同等の治療効果が期待できる。
  • 規制当局側のメリット-信頼性の高い品質データが提出され、審査業務における負担集中を軽減。承認審査期間が短縮され、必要性の高い医薬品に対して迅速な販売承認の審査が可能。

この数年間において、EMAとFDAはともにQbDアプローチの活用に関するガイダンスを発表しました。そのパイロットプログラムとして、QbDの基本原理を活用した製薬企業によるNDA申請が開始されました。2006年には、メルク社の治療薬ジャヌビア(Januvia)が、QbDを活用した申請プロセスによってはじめて承認を取得しました。

QbDの効果が現れる原理So how does it work?:

QbDが持つコンセプトの真髄は、医薬品の製剤化/製造プロセスに品質設計を導入することです。このプロセスは医薬品の開発および製造に不可欠なものであり、品質設計を導入するためには高度な専門知識が要求されます。またリスク軽減対策などのリスクに関する専門知識も極めて重要です。

品質設計の導入に向けて、QbDアプローチを構成する各ステップの解説:

一般的なQbDアプローチでは、目標製品プロファイル(TPP)を設定することが第一ステップです。このTPPによって、対象製品の使用目的、安全性および有効性パラメータが設定され、これらの品質プロファイル情報をもとに製剤化デザイン・プロセスの担当エンジニアは製剤開発を進めます。
重要品質特性(CQA)とは、対象製品の無菌性や投与量精度の条件などを表し、類似する成分を含有した既存製品の製剤情報や使用実績に基づき決定されます。CQAでは、第一ステップで設定されたTPP を達成できる特性が求められます。これらのCQAを備えた最終製品を生産できるデザインに基づき製造プロセスが構築されます。

このQbDアプローチを構成するプロセス全体をコントロールするためには、原料およびプロセスにおける変動や、予定される生産スケールの変更などにも対応できる手法を確立することが必要です。このようなプロセス管理の手法に加えて、各種のインプロセスコントロール(IPC:製造工程内管理)やプロセス解析工学(PAT)の手法も活用して、QbDアプローチによるプロセスをリアルタイムでモニタリングおよび品質評価を実施します。

Vetterが提供するクオリティ・バイ・デザインVetter can provide Quality by Design:

私達Vetterと品質向上のミッションを共有することは、Vetterのイノベーター集団が持つ専門技術も共有することを意味します。QbDをはじめとする医薬品製造の専門技術を通して、医薬品製造プロセスの開発、モニタリングおよび評価など様々な業務を支援いたします。さらに、この製造プロセスの最適化と平行して、十分な妥当性を備えた製剤規格の設定も支援いたします。

高品質な製品を供給するためには、製造プロセスおよびリスクを詳細に理解し、その品質を管理する体制が重要です。品質向上を目指して、私達Vetterは、QbDアプローチを活用した開発試験の実施から、潜在的リスクの早期発見、そしてリスク軽減対策の確立までサポートいたします。製品ライフサイクルを視野に入れた品質安定化を可能にするリスクベースのコントロール戦略の実現に貢献することをお約束します。